インプラント治療の仕組みとは

インプラント治療をおこなうためには、
インプラント治療とはどういったものなのかを知っておくことが大切となります。
インプラント治療は、事故や怪我などで無くなった歯の変わりに
顎に歯を埋め込む治療です。
人工の歯根を骨に埋め込んだ後に
その上に外観の良い人工歯をかぶせるという仕組みとなっています。
骨にしっかり定着させるため、自分の歯のように扱うことができるので、
このインプラント治療を選択する方が多い要因です。
歯は歯茎から出ている部分の下に歯茎の中に
太い2本の歯根をしっかり食い込ませており、
歯根は歯の根っこと言っていいでしょう。
歯は歯根がどっしりと顎の骨に定着していることが重要です。
インプラント治療が画期的な点は、
歯肉を切開して顎の骨に穴を開けてそこに人工的な歯根を埋め込み、
天然の歯と同じような機能を生み出せる点にあります。
歯の機能性や審美的な部分に拘る方は、

インプラント治療を選択すべきでしょう。

 

この治療のネックとなるべき点は、
治療費が高額なことや治療が完了しても、
定期的にメンテナンスをおこなわないといけないことです。
この2点のネックをクリアできる方によっては、
非常に魅力的な治療法であるのは間違いありません。
生きていく上で歯は絶対に使用するものであり、
今後のことを考えたら、高額な治療費であっても、
インプラント治療を選択するという方も少なくないでしょう。
どういった仕組みで治療がおこなわれるのかを知っておけば、
治療するかどうか考える上でも役立つので、覚えておいてください。

インプラント治療は難しい外科手術

インプラント治療は、
失われた歯を取り戻す救世主的な治療法であり、
世界中でこの治療法は注目されています。
今後ますます多くの方に選ばれる治療となり、
低価格化や治療の短期化されていくと予想されています。
しかし、インプラント治療は難しい外科手術であり、
担当医には高度な技術と経験が求められます。
数は少ないものの、
インプラント治療が原因で死亡事故となったことや
訴訟問題となったことがあります。
歯科医院でならどこでもできると認識している方もいると思いますが、
そうではありません。また、インプラント治療は、
自由診療となるため、
各歯科医院で自由に料金を決めることができます。
したがって、料金は各歯科医院で異なっており、
極端に安い料金の歯科医院も少なくありません。

しかし、安全性を考えるのであれば、
相場通りか相場以上の金額であっても、
その歯科医院で治療をした方が良いと言えます。

 

インプラント治療にはリスクがあるということを認識されたでしょう。
虫歯の治療とは、治療の難しさが異なっており、
しっかりと歯科医院選びをしないといけません。
インプラント治療に成功すれば、
定期的なメンテナンスは必要となりますが、
残存している確率は90%と以上となっており、
第二の永久歯として活用することができます。
どこの歯科医院でもできる治療ではないため、
インプラント治療実績がある歯科医院を探し、
話を聞いてみてください。
その時にお任せをしても良いと思った時だけ、
治療をするようにすれば、失敗することはほとんどないでしょう。

更新履歴