オールオンフォーとは

インプラントとは、歯を支える骨にインプラントと呼ばれる歯の支柱を打ち込み、
そこに義歯を被せていくという治療方法です。

 

通常の義歯とは違い、歯を1本入れる度に外科的手術を行うことで
歯を支える骨に穴を開けなければいけないというのが
これまでのインプラントに関する常識でした。

 

このような手術を前提とすると、
一度に複数の歯を入れる際にはそれだけ多くの手術が必要になり、
患者への負担が大きいという問題点があります。

 

患者への負担というのは、
手術による肉体的疲労と経済的負担の二種類です。

 

手術をする部分が多いほど
患者が手術に耐えなければいけない時間も増えますし、
手術費用も増えてくるのは自明の理といえます。

 

このようなインプラントの課題を解決してくれるのが、
オールオンフォーという形式のインプラントです。

 

オールオンフォーとは、インプラントを埋め込む本数を4本に限定し、
その上に歯茎をかたどった義歯を入れるという手術方法です。

 

埋め込むインプラント自体は4本だけでありながらも、
それ以上の本数の義歯を支えられるため、
これまでのインプラントに比べると患者の負担が激減されるというメリットがあります。

 

例えば、交通事故などによって
上の歯を全てのかなくてはいけない事態に陥ったとしても、
オールオンフォーであればインプラントを4本埋め込むだけで
すべての歯をカバー出来ます。

 

総入れ歯よりも通常の歯に近い噛み心地であるインプラントを、
より少ない負担でご利用いただけるのです。

 

ただし、オールオンフォーは定期的にメンテナンスが必要になりますから、
ご利用の際には歯科医師の話をよく聞いてから
利用するかどうか決めるようにしましょう。