インプラント矯正とは

歯列矯正といえば、
皆さんはどのような治療方法を思い浮かべるでしょうか?

 

マウスピースやブラケットなどをお口の中に装着し、
数カ月から数年かけて歯列が整うのを待つというのが一般的な手法です。

 

そんな歯列矯正にかかる期間を短縮させる方法が存在します。
それがインプラント矯正です。

 

インプラント矯正とは歯茎にインプラントを打ち込み、
それを支えにしながら歯列矯正を行うというものです。

 

歯列矯正の場合、歯科医は
どの歯をどちらの方向に動かしたいのかという指針を決めたうえで
矯正器具を作成します。

 

動かすべき歯の移動範囲が極端に長い場合、
歯列矯正に何カ月もかかってしまうケースは少なくありません。

 

インプラントを歯茎に埋め込むのは、
その動かすべき歯を引き寄せる支柱のような働きをさせるためです。

 

動かしたい歯とインプラントを特殊な器具で結びつけると、
歯はインプラントの方に少しずつ引き寄せられます。

 

引き寄せられることによって動く距離は、
通常の歯列矯正器具よりもずっと多いのです。

 

すなわち、インプラント矯正をした方が
歯列矯正にかかる時間がずっと短くなります。

 

歯を動かす力が強いため、
通常であれば抜歯しなくてはいけない歯列矯正においても、
インプラントを埋め込むことで歯を抜かずに済ませられることがあります。

 

自分の貴重な歯を抜かずに済むのであれば、その方が良いですよね。

 

最近では、インプラントを複数埋め込むことで
多方向に歯を動かすインプラント矯正にも注目が集まっています。

 

歯列矯正をなるべく早く終えたいという人は、
インプラント矯正について歯科医に相談してみましょう。