インプラントの構造を知ろう

「第二の永久歯」とも呼ばれるインプラントの構造は、
一般的には3つのパーツで構成されています(例外的に2パーツで構成されたものがあります)。
3つのパーツとはフィクスチャー、アバットメント、上部構造です。
それぞれのパーツについて具体的に紹介しましょう。

 

「フィクスチャー」は歯根部やインプラント(体)とも呼ばれます。
手術で顎の骨の中に埋入する人工の歯根部分です。
チタンかチタン合金で作れられた太さ約4mm・長さ約1cmの顎の骨に埋め込むネジや土台に当たるものです。

 

骨とフィクスチャーは「オッセオインテグレーション」と呼ばれる
骨とチタンが結合する作用で徐々に結合しますし、
チタンは生体親和性が高いことから金属アレルギーなどの心配がありません。

 

「アバットメント」は支台部や連結部とも呼ばれます。
手術で顎の骨に埋入したフィクスチャー(インプラント体)の上に取りつけられる部分で、
クラウン(被せ物)などの上部構造を連結する土台部分です。
上部構造の種類や固定方法などによってさまざまな種類がありますが、
一般的にはチタン製のものが多く使用されます。
「上部構造」は人工歯や上部構造補綴物とも呼ばれます。
フィクスチャー(インプラント体)の上にかぶせる人工の歯の部分で、
強い力がかかる部位の歯の場合は金属の方が適している場合もありますが、
通常は白い素材が主に使用されます。
一番多く使用されている素材としては、
内側に金属の裏打ちをしたメタルボンドとセラミックだけでできたオールセラミックスです。

 

なお2パーツだけのインプラントは、
「フィクスチャーと上部構造」の構造を持ったものです。
インプラントを検討されているのであれば八王子にあるオハナ矯正歯科クリニックがオススメです。