骨造成手術とインプラント

インプラントは通常の義歯と違い、
歯茎に嵌め込むのではなく歯を支えている骨に
釘を打つようなイメージでインプラントを埋め込む手術です。

 

インプラントを埋め込むための骨が足りないと、歯科医院によっては
インプラント手術が出来ないといわれてしまうことも少なくなりません。

 

そんな皆さんを助けてくれるのが骨造成手術です。

 

骨造成手術とは人工、もしくは自らの骨を顎に移植し、
インプラント手術に耐えうる厚さまで歯を支える骨を強化する手術です。

 

この手術を受ければ、骨が不足しているという人でも
インプラント手術を受けることが出来ます。

 

歯茎や顎の審美性を高めたいという人におすすめしたい骨造成手術がGBR法です。

 

人工の歯や自分の歯を埋め込み、
骨そのものが成長するまで数カ月置いてからインプラント手術に移行します。

 

骨の不足量がそこまで多くないときは、
代替骨とインプラントを同時に埋入させることもケースも見受けられます。

 

上顎の骨を造成する際にはソケットリフトという手法を使うこともあります。

 

この他にも、骨を覆っている粘膜の性質を利用したサイナスリフト法など、
皆さんの骨の状態に合わせて歯科医師が手術方法を選択してくれるのです。

 

骨造成手術はインプラントを行う前段階の手術です。
骨を増やすことに成功してからようやくインプラント手術になるわけですから、
長期間歯科医院に通い続ける根気が必要です。

 

歯科医院によっては骨造成手術を行っていないところもありますから、
自分が通っている歯科医院について事前に調査しておきましょう。

 

長丁場になりますが、美しく健康な歯を取り戻す方法の1つとして骨造成手術をお試しください。