インプラント、ブリッジ、入れ歯、差し歯の特徴

歯を失う原因の代表的なものは虫歯・歯周病・破折などです。
これらが原因で歯を失った部分を修復するためには、
インプラント・入れ歯・差し歯・ブリッジのいずれかの方法に依らなければなりません。

 

このサイトではそれぞれの方法の特徴について情報提供しますので治療を受ける際の参考にしてください。
また症状や状態によっても治療は変わるため、実際に治療を検討されている方は行徳にあるインプラントを得意とする歯科の様にインプラント治療まで可能な歯科を受診されて直接説明を受けるほうがよいでしょう。

 

「インプラント」は歯を失った部分の顎骨にインプラントと呼ばれる人工歯根を埋入し、
その上に支台部と上部構造を取り付けます。
外科手術と高い費用を必用としますが、
第二の永久歯と言われるほど元の歯に近い審美性・噛み心地・強さを取り戻せます。

 

「ブリッジ」は歯を失った部分の両側の歯を削って支柱にし、
そこにピッタリと一致する人工の歯を被せることで欠損部を補います。
「インプラント」のような手術は不要ですし固定されるので「入れ歯」のようにガタつくことがないことから、
1、2本の歯が抜けたようなケースに有効です。
しかしブリッジのためには健康な歯を削らなければいけませんし、
抜けた歯の部分の骨が痩せて空間ができてしまう場合もあります。

 

「入れ歯」は歯を失った部分の粘膜に人工歯のついた床を乗せて支え、
留め具を前歯や奥歯に引っ掛けたりバネで支えたりして義歯を固定します。
保険が適用されることで費用は安く済みますし取り外しが容易なので手入れが簡単ですが、
噛む力の回復は20〜30%程度と低いことからインプラントやブリッジほどの期待はできません。

 

「差し歯」は歯を失った箇所に残った歯根部分にプラスチックや金属でできたコア(土台)を立て、
そのコア上に人工の歯を被せます。
歯根が残っていることが差し歯の前提条件ですから、
歯を歯根部分から抜いてしまった全く歯が無い状態のケースでは差し歯は不可能です。